ダイエットとアンチエンジング

ダイエットでスリムな体を手にいれても、顔がシワシワだったり皮膚がシミだらけだったりすれば、その魅力は台無しです。

女性はもちろん男性だって、美しい外見を保つには、体型管理と一緒に、アンチエイジングについても考えるべきでしょう。

というわけで、当研究所が考えるダイエットとアンチエイジング(老化防止)の関係について書いてみたいと思います。

人はなぜ老化するのか?

老化の原因については色々な説があり、今のところ1つに特定するのは難しいと思います。

例えば、「活性酸素が老化の原因」なんて言われることがありますが、実際にはそれだけでは説明できないことがたくさんあります。

老化につながる原因はいくつも確認されているわけですから、色々な肉体的変化が少しずつ進行することが「老化」であると考えるのが自然です。

そして、その色々な要因をひっくるめた考え方として、現在もっとも老化現象のメインだと言われているのが、人体は「クラッシュ&ビルド」の繰り返しにより老化していくという説です。

クラッシュ&ビルドとは?

クラッシュ&ビルドというのは「破壊と再構築」という意味で、これはいわゆる新陳代謝のことを洗わす言葉です。

人間の体内では、つねに古い組織が死に、取り入れた栄養から新しい組織が造られています。

しかし、栄養から新しい組織をつくる時にちょっとしたミスが起きたり、体の中でゴミが出てしまったりすると、その蓄積によって老化が進行していくと考えられているのです。

組織の再構築が繰り返されるうちに、老化が進むと考えられます

アンチエイジングの秘訣とは

研究所長は以前から、アンチエイジングの秘訣は
「食べ過ぎないこと」
だと主張してきました。

それは、体に不要な栄養をたくさん入れると、余分な栄養分を分解したり体の中に蓄えたりするために、不必要な代謝が増えると考えたからです。

これは悪い代謝なので、いくら増やしても痩せるどころか太るだけ。
いわゆるデトックスの逆のことをしているわけですから、肉体が衰えるのは当然です。

青山学院大学教授の福岡伸一先生も、某テレビ番組で「老化防止の秘訣は?」と聞かれた時に、
「腹八分目です」
とコメントされていたので、少なくとも現代の生物学では、食べ過ぎが老化を促進すると考えられていることは確実でしょう。
http://fukuoka-hakase.cocolog-nifty.com/

代謝を増やすのは悪いこと?

代謝が増えることによって老化が進むなら、筋トレなどの運動もアンチエイジングのためには良くないのでは?と不安になるかも知れません。

しかし、これは心配無用です。

運動によって増える代謝は、不要な成分を体から追い出す働きもある「良い代謝」です。
しかも運動をするとアンチエイジング効果のある成長ホルモンも促進されます。

だから、適度な運動を行うことは、老化防止にはプラスに働くと考えて下さい。

よほど体に無理を強いるようなハードなトレーニングを続けない限り、まず問題はないでしょう。

なお、そのうちダイエットしよう、と考えているのん気な方は、ぜひ「老化が加速するリスク」の記事も読んでみてください(笑)。

ダイエット研究室TOPへ
↑ここをクリックすると「ダイエット研究室」のトップに移動できます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP