第5回目:ペットボトルウェイトを重量アップ

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報を発信させていただいております。

第4クールのテーマは
「肉体改造アイテム活用術」
ということで、肉体改造アイテムの本来の性質・効果を理解したり、ちょっと工夫するだけで効果がさらにアップするような使い方を紹介していきます。

そして、今回の内容は・・・

■第5回目:ペットボトルウェイトを重量アップ!

です。

自宅トレーにーの中には、筋力トレーニングに水を入れたペットボトルやウォーターダンベルなどを使っている人も多いでしょう。

ペットボトルやウォーターダンベルは、水を入れればそこそこの重さになるし、筋トレ器具の専門店に行かなくてもすぐ手に入って便利です。

しかも、お金がほとんどかからないという素晴らしさ^^

上級者でも、インナーマッスルのトレーニングなど、低重量のウェイトが必要な場面では意外と重宝するでしょう。

しかし、欠点ももちろんあります。
それは、重さに限界があることです。

水は金属などに比べれば、ずっと軽い物質です。
だから高重量の筋トレをしようと思ったら、ペットボトルやウォーターダンベルではどうしても負荷が足りなくなります。

とりあえず身近にある道具で筋トレを始めてみたものの、すぐに重量が足りなくなってしまった・・・という人も多いでしょう。

しかし、あきらめるのはまだ早い!
ある程度までなら、ペットボトルやウォーターダンベルでも、重量をアップさせることは可能です。

まず、比較的お手軽なのが、水の代わりに砂を詰める方法。
種類によっても多少違いはありますが、一般的には水よりも砂や小石のほうが水よりも比重(体積あたりの重さ)が大きいので、重いウェイトになります。

砂を入れた後に、その砂に水を染み込ませると、さらにもう少し重さをアップさせることができるでしょう。(砂を取り出すのは大変になりますが)

それでも足りない場合は・・・次の手段です。
水や砂よりももっと重い、金属を使いましょう。

これを実行する場合、もっとも現実的なのは、小さなボルトやネジなどを集めてペットボトルに入れることです。

これらは買うと高いので、廃品などから回収するのがいいでしょう。

少しずつ集めてペットボトルに入れて行けば、だんだん重量が上がるので、筋力の成長に合わせてダンベルもレベルアップさせられる・・・かもしれません(笑)

裏技としては、釣りに使われている鉛のオモリや、電気を使い切った後の乾電池を入れるという手もあります。

ただ、こちらは人体に有害な鉛などを含むので、取扱いには十分ご注意を。
ゴミに出す時も、きちんとルールに則って捨てるようにしてください。

更にクオリティーの高いものを求めるなら、鉄粉を集めましょう。

実は鉄粉は身近な製品にもふんだんに使われています。
それは、冬の定番グッズである使い捨てカイロです。

鉄粉だけ集めるのは大変だと思いますが、時間がたっぷりあるという方は、どうか試してみてください(笑)。

なお、最近のペットボトルの中には、潰すことを前提に、すごく薄っぺらに作られているものもあります。

ペットボトルをウェイトにする場合は、耐圧構造になっている炭酸飲料のものを使うのがオススメです。

■参考情報のご紹介

今回ご紹介するのは、自分に合ったものを見つければ、 すぐに実戦に応用できそうな、メンタルトレーニングのレポートです。

スポーツ以外にも、例えば受験や仕事などにも役立つと思いますので、あなたもぜひ一度読んでみてください。

『トップ・アスリート達の『メンタルトレーニング』
【全32事例の紹介】メンタルトレーニングの重要性とヒントを探る!』

※無料のレポートをダウンロードするときは、hotmailやgmailなどで受信専用のアドレスを作って、そちらを登録することをオススメします。
(いくつもダウンロードしていると、お知らせメールがたくさん届くことがあるため。)

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP