第9回目:パソコンで効果を分析

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報を発信させていただいております。

第4クールのテーマは
「肉体改造アイテム活用術」
ということで、肉体改造アイテムの本来の性質・効果を理解したり、ちょっと工夫するだけで効果がさらにアップするような使い方を紹介していきます。

そして、今回の内容は・・・

■第9回目:パソコンで効果を分析
です。

研究所長は普段から映画をよく見るのですが、30年くらい前の日本映画を見ていると、会社で人々が働く風景に大きな違和感を感じます。

その違和感の原因は、オフィスにパソコンがほとんど無いことです。

2012年の今、殆どの会社では事務作業をパソコンで行なっています。
普通のオフィスなら、ほぼ1人に1台が当たり前になっているでしょう。

これはもちろん、パソコンの性能が上がったことや、値段が安くなったこととも関係しているわけですが、それに加えて、もう1つの重要な変化があったと考えています。

それは、目的を達成したり、管理したりするには、パソコンが非常に役に立つツールだという事実に多くの人が気づいたという事です。

例えば文章を書く時・・・
手書きだと、長い文章を再編集する場合、ほぼ書き直しになってしまいます。
でも、パソコンならサクっと切り取って、別の場所に貼り付けでOK。

例えば、見積書を作る時・・・
手書きやワープロだと1つ数字を変えたら、他の部分も計算しなおしです。
でも、パソコンなら1つ数字を変えたら、あとは自動計算で楽チン。

そして、このパソコンの便利さは、筋トレやダイエットにも応用できます。

運動メニューや体重を記録するのはとても良い事ですが、さらにその結果をきちんと分析している人は非常に少ないことでしょう。

しかし、せっかく記録があるのなら、それを分析して計画に反映させた法が、効果はずっと高くなります。

筋トレなら・・・
過去の記録をグラフ化すれば、今の筋トレメニューの効果は一目瞭然。
過去3ヶ月の平均を、その前の3ヶ月の平均と比べる、なんていう事も簡単です。

ちょっと工夫すれば、休養日を2日にした場合と3日にした場合の差を見る、なんていうことも難しくないでしょう。

ダイエットなら・・・
過去の体重をグラフ化すれば、体重の減量ペースは一目瞭然。
一日に2回、体重を測る人なら「夜と朝の平均値の違い」などを出すのも簡単です。

女性なら、月の周期に合わせて、先月の同じ週の平均値と今の体重を比較、なんていう使い方もできるでしょう。

どんなにあなたが賢くて数学の得意な人でも、これを手作業でやるのは、ちょっと現実的じゃないと思います。

「人よりも早く筋トレやダイエットの結果を出したい!」
という場合は、ぜひパソコンを活用してみてください。

なお、数字の分析にはマイクロソフトの「Excel」などの有料ソフトが必要だと思われがちですが、そんな事はありません。

無料で手に入る「Openoffice」というソフトでも十分に計算や分析は可能です。
http://www.openoffice.org/ja/

冒頭にも書きましたが、今やどんな会社に行っても、「事務作業はパソコン」というのが常識になってきています。

パソコンの操作が苦手!という人は、多少苦労してでも覚えておいて損はないと思いますよ^^


■参考情報のご紹介

今回は、表計算ソフトの使い方マニュアルをいくつかご紹介しておきたいと思います。

マイクロソフトの「Excel」に関する解説ですが、基本的な使い方は無料ソフトの「Openoffice」もほぼ同じなので、両方のソフトを使えるようになるはずです。

しかも、すべて動画マニュアルになっていますので、初めて表計算ソフトを使う方でも安心です^^

『Excel(エクセル)使い方動画講座Vol.1-初心者入門-』

『【無料】エクセルを覚えたい方必見!エクセル動画講座 Part2』

『【ただ動画を見て真似るだけ】 どんな職場でも尊敬される実践用Excelの 基本編動画講座 1日目』

メールアドレスを登録すれば無料でダウンロードできます。

※無料のレポートをダウンロードするときは、hotmailやgmailなどで受信専用のアドレスを作って、そちらを登録することをオススメします。
(いくつもダウンロードしていると、お知らせメールがたくさん届くことがあるため。)

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP