筋トレ関連情報6

筋力トレーニング関連情報の第6弾。筋肉への刺激と筋トレ効果の関係など、多彩な予備知識をまとめています。

可動範囲の狭い筋トレはNG?

可動範囲の狭い筋トレはNG? 筋力トレーニングでは、関節の可動範囲(動作範囲)をできるだけ広くして行うのが基本と言われています。 なぜなら、動作の範囲が狭すぎると運動の負荷も低くなり、筋肉への刺激が不十分になってしまうからで…

>>このページに移動する

見せる筋肉と使える筋肉

見せる筋肉と使える筋肉 筋力トレーニングの話になると、「使える筋肉」または「使えない筋肉」という表現を聞くことがあります。 中には、皮肉の意味を込めて、とりあえず太さだけはあるという筋肉を「見せ筋」と表現する人もいるよ…

>>このページに移動する

パンプアップの筋トレ効果

パンプアップの筋トレ効果 「パンプアップとは?」のページでは、筋トレしたときに筋肉がパンパンに張る理由について書きました。 「パンプ」というと空気で膨らむようなイメージがあるかも知れませんが、実際には空気が入っているので…

>>このページに移動する

筋電図体験レポート1

筋電図体験レポート1 筋繊維というのは、電気的な方法で筋肉や神経の働きを見る検査のことです。 スポーツ科学の分野では、例えば動作Aと動作Bで特定の部位の筋肉の使われ方がどれくらい違うか?ということを調べるために使われた…

>>このページに移動する

筋電図体験レポート2

筋電図体験レポート2 前回の記事に引き続き、筋電図の体験レポートを書いてみます。 そして針筋電図へ・・・ 前回の電極による筋電図の次は後半戦となる、ちょっと過酷(?)な針筋電図の登場です。 これには、電極パッドや電撃…

>>このページに移動する

筋電図体験レポート3

筋電図体験レポート3 今回は、前回に引き続き筋電図体験レポートの最終章です。 筋肉に直接針を差し込んで測定する針筋電図。筋肉に針を差したまま力を入れるなんてさぞ痛そうに思えるかも知れませんが、実際はそうでもありません…

>>このページに移動する

オーバートレーニングの自覚症状

オーバートレーニングの自覚症状 筋力トレーニングをしている人は、筋肉を強くするため、あるいは太くたくましくするために努力していると思います。 しかし、オーバートレーニングの状態になると、全くの逆効果。筋肉は強くなるどころか、ど…

>>このページに移動する

筋トレ動作の開始位置

筋トレ動作の開始位置 筋力トレーニングの質を決める要因には色々なものがあります。 例えばウェイトの重さや筋トレのフォーム、セット数や1レップにかける時間というようなものです。筋トレの熟練者なら、これらのうちの1つが変わ…

>>このページに移動する

なぜ、朝は筋肉がしぼんで見えるのか?

なぜ、朝は筋肉がしぼんで見えるのか? 人間の体は、一日を通してその状態が変わります。 たとえば起きたばかりの時は顔がむくんでいるとか、体が動かしにくいと思った経験は誰にでもあるでしょう。 先日、ある筋トレ愛好家の人から、「朝と夜では…

>>このページに移動する

最適な筋トレ強度と量を見つけるには

最適な筋トレ強度と量を見つけるには 本気で強くなりたかったら、どんな風にトレーニングすればいいのか? これはなかなか難しい問題です。 根性論が大好きな人なら、「とにかく肉体の限界までウェイトを上げ続ける!」というのが最良の方法だと…

>>このページに移動する

筋肉を太くせずに筋力を付けるには?

筋肉を太くせずに筋力を付けるには? 筋トレをする目的は人それぞれ。 腕や脚を太くしてマッチョになりたいという人がいれば、とにかく筋力やパワーを追求追求して体を鍛えている人もいると思います。 そして場合によっては、強くはなりたいけど…

>>このページに移動する

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP