第1回目:ディセンディングセット

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報を発信させていただいております。

第6クールのテーマは、
「筋トレテクニック集」
ということで、筋肉に新しい刺激を与えたり、筋トレの内容をレベルアップさせるようなテクニックを解説していきます。

そして、今回の内容は・・・
■第1回目:ディセンディングセット
です。

ディセンディングというのは日本語に直訳すると「降りる」「下る」というような意味の言葉です。

そしてディセンディングセットを簡単に説明すると、あたかも階段を下りるかのように、ウェイトの重さを減らしていく方法。
・・・と言う感じでしょうか。

仮に最初に10kgのウェイトを使って動作を開始したら、その重さを8kg→6kg→4kg
と段階的に減らしていくわけです。

「普通にやってても筋肉が疲れるから、セットごとに重さは減っていくけど・・・」
と思うかも知れませんが、ちょっと違います。

今回ご紹介するディセンディングセットでは、1セットの中で重さを変えるのがポイントなのです。

例えば、普通の筋トレでは、
10kgで10回(目標)

休憩

8kgで10回(目標)

休憩

6kgで10回(目標)

というやり方が一般的でしょう。

しかし、ディセンディングセットでは、

10kgで限界まで

8kgで限界まで

6kgで限界まで

というやり方をします。

最初の重さで限界になったら重量を軽くし、その重さで限界になったら重量を軽くし・・・というのを、一定の回数繰り返すわけです。

言ってみれば、休憩を入れないで、一気に複数のセットを終わらせるんですね(笑)

ディセンディングセットの長所は大きく分けて2つ。

最初の長所はなんと言っても、筋肉に新しい刺激を与えられることです。

今まで普通に休憩を取りながら筋トレしていた人が、休憩時間ゼロのディセンディングセットをやれば、筋肉をさらに追い込むことができるでしょう。

そして、さらにもう一つの長所が筋力トレーニングの時間が短縮できることです。

そもそも筋トレでは、ジムにいる間中ずっと体を動かしているわけではありません。
トータルの時間のうちの半分くらいは、息を整えるために休憩を取っていると思います。

しかし、ディセンディングセットなら、重量を変える間の休憩時間が省けるため、全体のトレーニング時間を短縮できるのです。

研究所長は特に忙しかった時、色々考えた挙句に、普通の方法で3セットやっていた筋トレ種目をディセンディングセットに変更したことがあります。

結果、筋トレの効果は変わらず、時間を約3分の2程度に短縮する事が出来ました。

特に器具がしっかり揃っているジムでは、重さの違う複数のダンベルを用意したり
マシンの負荷をワンタッチで切り替えられるので、トレーニング時間を大幅に短縮できる事でしょう。

ただし、一つだけ注意点があります。

ディセンディングセットは、筋トレの動作をある程度マスターしてから行なうようにして下さい。

初心者が無理にやろうとすると疲労でフォームが崩れて、動作に変な癖がつく可能性があります。

■参考情報のご紹介

今回は、新しいクールのスタートに当たっての気分転換として、ちょっと変わったタイトルのレポートを合紹介したいと思います。

『忙しいビジネスマン専用短時間で女性が興奮する筋肉質なカラダをつくるたった3つの方法』

トップアスリートに共通する「イメージ力」に関する、興味深い話が含まれているので読み物としても面白いでしょう。

レポートはメールアドレスを登録すれば無料でダウンロードできます。

※無料のレポートをダウンロードするときは、hotmailやgmailなどで受信専用のアドレスを作って、そちらを登録することをオススメします。
(いくつもダウンロードしていると、お知らせメールがたくさん届くことがあるため。)

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP