トレーニーの理想と現実

自分の体型を変えようと思って筋力トレーニングを始める時、多くの人は憧れのスポーツ選手のような体をイメージしたり、薄着になったり時や服を脱いだ時に、他人から他人から羨望の眼差しで見つめられるような肉体を目指すのではないでしょうか。

ある人はサッカー選手や陸上選手のようにスリムで引き締まった体を手に入れるために、またある人はボディビルダーのように巨大な筋肉を作り上げるために一念発起してジムに向かう事でしょう。

しかし、現実はどうでしょうか?

肉体改造を志した人の中で、少なくとも他人から見て分かるほどに体が変化する人の割合は、実際には驚くほど少ないように思います。

研究所長は以前、あるスポーツジムに6年間続けて在席していたことがありました。

時間が不規則な仕事をしていたこともあり色々な時間帯・曜日に、それこそ毎日の様にジムに顔を出していて、何度もスタッフと間違えられるほどの常連でしたが(笑)、新しい会員さんはどんどん入ってくるのに対して、継続的にトレーニングを行って進歩しているように見える人は本当に少なかった印象があります。

恐らく全くの初心者からジムに通い始めて、上級者と呼べるようなレベルに到達する人は数十人に一人くらいの割合になってしまうのではないでしょうか。

そして色々な人に聞き込みをしてみると、成長できないトレーニーの内訳としては研究所長のようにいつまでもレベルが上がらないままジムに通っている「下手の横好き」トレーニーよりも、いつのまにかトレーニングそのものを止めてしまう人の方が多いようです。

そもそもジムに在席できる会員数には限界があるはずですから、どんどん新しい人が入ってくるという事はそれだけ沢山の人が退会しているという事になるはずです。

「継続は力なり」という言葉もありますが、ある程度の成果を上げるまで努力を継続するという事は本当に難しいものですね。

もっとも、誰もが達成できるものではないからこそ、素晴らしい体をしているトレーニーは尊敬の眼差しで見られるんでしょうけどね^^

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP