風邪からの筋トレ復帰

ジムで体を鍛えているトレーニーは、人一倍自分の健康に気を使っている人が多いとは思いますが、それでも風邪などで体調を崩してしまうことはあるでしょう。

そして体調を崩してしまうと一時的にではあっても筋力が落ちたり、体が鈍ってしまいます。
自分の能力向上に熱心な人ほど「悔しくてたまらない!」という心理状態になるのではないかと思います。

しかし、そんな時こそ冷静かつ慎重に、出来るだけ早く体調を回復させてトレーニングに復帰できるようにする必要があるのは言うまでもありません。

そこで研究所長の経験則から、風邪でダウンした場合にできるだけ早くトレーニングに復帰するためのプロセスをまとめてみようと思います。

1.風邪でダウンした場合は、まず不用意に風邪薬・解熱剤などを飲まないようにしましょう。
風邪薬や解熱剤は単に症状抑えるだけの薬なので、自覚症状は楽になっても免疫がうまく働かず、結果的に風邪の治りが遅くなることも少なくありません。

ただし、風邪以外の病気が疑われるような場合には早めに診断をうけておく必要があるのでこの点には要注意です。

2.体調を回復させるためには、とにかく眠る事が大切です。
ずっと寝ているとやがて眠れなくなったりもしれますが、ただ横になってじっとしているだけでも体への負担を大きく減らす事ができるので、とにかく横になってじっとしているように心がけます。
咳がひどいときは、加湿器を使うと良いでしょう。

3.食欲が無い時は、無理をして食事をするのはやめましょう。
例えそれで筋肉が落ちてしまったとしても、内臓に余計な負担をかけるよりも結果的体調回復までの時間が短縮できるはずです。
ただし、水分は多めに補給するようにしたほうがいいです。

風邪をひいている時は内臓も弱っている事が多いので、食事をする時は出来るだけ消化に良いものを選びましょう。

4.体調が回復したら、いつもより重量やセット数を減らしたメニューでリハビリを開始します。
この時点ではずっと寝ていた事で筋力を発揮しにくい状態になっているので、焦って無理をせずに「体慣らし」に徹するのがポイントです。

5.2週間~3週間くらいを目処に、少しずつ本来のメニューに戻していきます。
酷い体調不良でも、1ヵ月もすれば体力を取り戻せる事でしょう。

体調を崩しているのに無理にトレーニングしたり、復帰を焦るとかえって余計な体力を消耗し、事態が悪化してしまいます。

普段自分の体をイジめているトレーニーほど、風邪をひいた時は自分の体をいたわってあげて下さいね。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP