エアコンを使うべきか?

エアコンやクーラー(以下エアコンに統一)は体に悪い、という話を誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。

しかし、部屋の温度を下げないで居れば、それはそれで熱中症などの危険もあるわけですから、必ずしも「自然のままが最高!」とも言えないと思います。
残暑厳しい中、エアコンの正しい使い方について考えてみました。

まずはなぜエアコンが体に悪いと言われているかについて、その理由となっているものを挙げてみましょう。

・体を冷やしすぎる
そもそも冬の外気だろうとエアコンだろうと冷蔵庫だろうと、体を冷やしすぎれば問題なのは当たり前なので、これは論外です。

・室外との温度差が大きくなる
夏の暑い日にエアコンをガンガンに効かせた場合の室内・外の温度差は、実に10℃以上になります。このように環境の違う場所を行ったり来たりすると、体温を調節する機能が混乱して体調を崩しやすくなるようです。

・発汗機能を鈍らせる
もともの人間の発汗機能は冬に鈍くなり、夏に活発になるというサイクルがあります。
つまり夏にある程度汗をかいて発汗機能を働かせておかないと、発汗機能が鈍りっぱなしになり、結果として代謝が悪くなったりする可能性があるということです。

もっとも、一年中汗を流しているトレーニーにもこの影響があるかどうかは分かりませんが(笑)

以上の事を踏まえると、、体調を崩さずに快適に過ごすには、悪影響が出にくいようにエアコンの使い方を工夫する必要があるということになるでしょう。

1.出来るだけ使わない

気温がそれほど高くない初夏や、真夏でも比較的涼しい日には可能な限りエアコンを使わないようにするのが原則です。
まずはある程度の暑さに体を慣らしておくことが、快適な夏を過ごすための前提条件だと考えましょう。

2.特に暑い日、運動する時間帯にはエアコンを活用

特に暑い日や、室内でトレーニングを行う時間には体調維持のためにもエアコンを活用しましょう。
本当に暑い日なら、設定温度を「冷房」の範囲内で最高温度にしてもかなり涼しく感じるはずです。
除湿機能などを活用するのも、部屋の温度を下げ過ぎずに暑さを和らげるのには有効です。

3.必ず扇風機を併用する

エアコンをつけるときは、必ず扇風機を一緒に使いましょう。
部屋の中の「冷えムラ」を無くし、風があたる事によって同じ温度でもかなり涼しく過ごせるようになります。

個人的にはエアコンも使い方次第で「体に優しい」ものになると考えています。
皆さんもエアコンを適度に活用して、快適な夏を過ごして下さい。

ちなみに研究所長は健康のためではなく電気代をケチって「エアコン無しで夏を乗り切ろう!」と考えていたら、パソコンのファンが異常な音で唸り始めたので断念しました^^;
やはり何事もバランスを考えて行うのが大切ですね。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP