筋トレ仲間を作ろう

いざ筋力トレーニングを始めよう!と決意しても、長く持続して続けていく事は本当に難しいものです。

実際のところ、始めて数週間?数ヶ月も経ってしまうと、面倒くさく感じてしまったり、忙しさの中で他の予定を優先して挫折してしまう人の方が多いのではないでしょうか?

しかし、一緒にトレーニングする仲間がいると、筋力トレーニングの「辛さ」「面倒臭さ」はかなり軽減されるのではないかと思います。

これは以前にも紹介した話ですが、ミスターオリンピアを連覇したドリアン・イエーツは
「仕事帰りに仲間と一杯やりに行くような気持ちでトレーニングに行くのだ」
というような事を言っていました。

ドリアンのトレーニング内容は「一杯やる」というより「いっぱいウェイトを使う」という感じですが・・・

研究所長自身はお酒を飲まないので「仲間と一杯やりに行く」という感覚を理解できているかどうかは謎ですが、このフレーズで特に重要なのは「仲間と」の部分なのではないかと考えています。

恐らくほとんどの人は、仲間と話をしたり一緒に過ごす時間というのを強く求めていて、一緒に飲むということはその目的を果たすための手段の一つなのではないかと。
だって、純粋にお酒を飲む事が目的なら一人で孤独に飲んでいる人がもっと多いはずでしょう?(笑)

話を元に戻しますが、意識を共有する仲間がいるとトレーニングを続けていく上では大きなプラスになると思います。

マッチョな仲間と一緒なら、自分自身もレベルアップできるかも?

仕事が終わって、ちょっと疲れててジムに行くのが面倒だな・・・という時でも、
「あいつも来てるかも知れないから、ちょっと寄って帰るか」
なんて思って足が向く事もあるでしょう。

まあ、ジムに行ってみて筋トレ仲間が来ていない事もよくあるとは思いますが、一度ジムに着いてしまえばしめたもの。
何となく「どうせ来たんだからちょっと体を動かしていこう」という気になってしまうのが人の心理というものです。

その点、自宅をジムとして筋力トレーニングを行う場合はどうしても孤独な作業になりがちなので、挫折する確率も高くなってしまうかもしれません。

ですからジムに通える環境の人は、是非色々な人と接して筋トレ仲間をつくることをオススメします。
ジムに通えば正しいフォームなどを習得しやすくなりますし、仲間と一緒に体を鍛える楽しさは、自宅トレーニングではとても味わえないものですよ^^。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
PAGE TOP