腹筋運動で歌は上達するか

歌を歌うときに「お腹から声を出す」などと表現されているように、「歌が上手くなるためには腹筋を鍛える必要がある」というイメージがあると思います。

はたして、筋力トレーニングによって腹筋を鍛えることは本当に歌の上達に繋がるのでしょうか?

歌というのは分解して考えると、連続して様々な高さ・大きさの声を出すということです。

そして更に声を出すということは息を吐くということと、声帯を振動させるということになるでしょう。

声帯の筋肉は脳で直接コントロールできるはずなので、このうち腹筋が大きく関わっているのは息を吐く動作の方だと考えられます。

息を吸ったり吐いたりするのはもともと呼吸のための動作ですが、人間の呼吸の方法には胸式呼吸と腹式呼吸の2種類があり、歌を歌うときには腹式呼吸が望ましいとされています。

音楽畑の指導者の中には「腹式呼吸のほうが深く(多く)息を吸える」と説明する人も居るようですが、実は生物学的に言うと胸の部分を大きく膨らませる胸式呼吸の方がより沢山の空気を吸ます。

潜水を行う水泳選手が、水にもぐる前に肩を大きく上下させて胸式呼吸で息を吸い込むのもそのためです。

しかし、胸式呼吸では沢山空気を吸えても、そのコントロールが難しいという欠点があります。
だから、歌のように吐く息の量や強さを微妙に調整するのに適しているのは断然腹式呼吸の方という事なんですね。

そして腹式呼吸を行う場合、腹圧の上下を使って呼吸するため腹筋が強い方が安定度がアップします。
これは脚力が強い人の方が安定して歩いたり走ったり出来るのとほぼ同じ理屈です。

ただし、当然のことながら腹筋を鍛えたからといって必ずしも歌が上手くなるわけではありません。

声を自在に操るには、腹筋だけでなく横隔膜や声帯などを操る力や自分の出している声の高低を認識する力(いわゆる音感)など様々な能力も必要になってくるからです。

腹筋が強い=歌が上手い、という図式が成り立つならなら、マッチョ系のアスリートはみんな歌が上手くなるはずですが、そんなことは無いですよね。

歌のために腹筋運動をするというのは言ってみれば野球のためにスクワットをするのと同じ、一種の基礎体力トレーニングであるというのが結論だと思います。

実際に歌手や自分の息で演奏する楽器(トランペットやサックスなど)のミュージシャンは、実際に声を出す・息を吐くというトレーニングと併行して、腹筋運動を取り入れている人が多いようです。

そう考えると、日ごろから体を鍛えているトレーニーは、全くの素人よりも「歌が上達するための基礎体力」を持っているということになるかもしれませんね。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP