筋トレに熱心に取り組むと・・・

スポーツやダイエットのためではなく、ある意味純粋にというか、趣味として筋力トレーニングに取り組んでいる人も多いと思います。
そして恐らくそういう人が最も気にしているのが、自分自身の能力を向上させること。

平たく言ってしまえば、
「ベンチプレスで○○kg上がるようになった!」とか、
「握力が○○kgになった!」
というような部分になってくるのではないでしょうか。

自分の能力の成長そのものに達成感を感じることができるのはとても素晴らしい事ですが、筋トレに熱心に取り組み過ぎると、結果が思うように出ない時に腹を立てたり、落ち込んでしまったりすることもあるかと思います。

研究所長も以前はそんな心理状態に陥っていた事があり、レベルが低いながらも筋力の成長を実感できている時は素晴らしい気分になれるのに、調子が悪い時は何となく気分が落ち込む・・・という感じでした。

しかしある時、
「”筋力の成長”というような直接的な成果は、自分の人生においてそれほど重要な事なのか?」
という疑問を持つようになりました。

考えてみれば当たり前の話なんですが(笑)
たとえ筋トレがメインの趣味だったとしても、人生には他にたくさん楽しい事があるはずなのです。

それ以来、筋力トレーニングでイマイチ調子が出ない時は、部屋で映画を楽しんでみたり、楽器を弾いてみたりというような他の趣味を楽しむように心がけました。

筋力トレーニングで成果が上がらないと気分が落ち込む、あるいはストレスを感じるというタイプのトレーニーの方は、ぜひ運動とはあまり関係の無い趣味にも目を向けてみてください。

ストイックな性格の人にはゲームや映画といった娯楽的なものよりも、例えば英会話とか楽器とか資格のための勉強とか、自己啓発的な物が適しているかもしれません。

個人的な経験から言わせてもらうと、畑違いの別の趣味を持つことで「気持ちを切り替えて他のことに取り組む」という習慣を身に付けられるような気がします。

文武両道という言葉もあるくらいですし、トレーニング道一直線!では体も心も疲れてしまいますからね。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP