広背筋でマッサージブロック?

長年にわたって筋力トレーニングを続けていると、人間の筋肉がどんな風に走っているか、そしてどんな部分に負担がかかりやすいのかということが何となく分かってきます。

しかし、肩や首・腰などの疲労、コリに関しては、実際に肩こりなどの症状に悩んでいる人の方が敏感というか、直感的な診断が出来るようです。

研究所長も「悩まされている」というほどではないものの、長時間荷物を持ち続けた後や変な姿勢で眠ってしまったときに肩こりを感じることがあります。

そんな時に肩こり歴十数年という「肩こりマスター」(勝手にそう呼んでいる)に背中や首を触ってもらうと、すぐに凝っている場所が分かるようです。

ところで、前日その肩こりマスターに聞いたところ、背中にしっかり筋肉が付いている人の場合、どうしてもマッサージできない部分(正確に言うと極めてやりにくい部分)があるそうなのです。

それは、肩甲骨の内側の部分。

研究所長はマッサージに関しては全くと言っていいほど知識が無いので詳しいことは分かりませんが、マッサージでは肩といっしょに肩甲骨をぐいっと後ろに引っ張って、背骨の方から肩甲骨の下に手を差し込むようにして揉むことがあります。

たぶん、肩こりになる人は肩甲下筋とか、そのあたりの筋肉に疲労が溜まりやすいので、その部分の血行を促して凝りを解消しようということなんでしょう。

しかし背中の筋肉である広背筋や僧帽筋が発達していると、それがあたかもヨロイのように骨と骨の間を覆っていて、なかなか指先を肩甲骨の下に入れることが出来ないんだとか。

まあ、肩甲骨の内側をマッサージ出来なくても、それだけで大きな問題になることはまず無いとは思いますが、筋力トレーニングで背中がマッチョになっている人は、インナーマッスルもしっかり鍛えてマッサージのお世話にならないようにしておいた方が良いのかも知れません。

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP