レポート:卓球の意外なリスク

インターネット上には、人体に関する面白い情報が色々と存在しています。

「研究所レポート」ではその中から、当研究所の外部研究員であるKEN☆KUNさんに報告していただいた興味深い情報についてご紹介したいと思います。

■レポート:卓球の意外なリスク

所長様

中学高校のスポーツでの死亡事故のデータがあったのでご報告です。
http://www.geocities.jp/rischool_blind/sports.html

この記事では柔道の死亡事故が飛びぬけて多いことに着目していますが、自分が注目して欲しいのは卓球の死亡者数です。
一見安全にみえる卓球ですが、思いのほか死亡事故が起きているのです。

卓球台の移動や組み立てでの事故なのか、ゲーム中にラケットがすっぽ抜けて頭に強打したのかなどと考えてしまいますが、実は試合中に熱中症になるのが正解なのでは?

地方大会レベルだと体育館に物凄い数の卓球台を並べて同時に試合をするから選手同士での接触事故もありそうです。

スポーツに安全は無いって話でした。

世の中には危険な卓球も存在します。
それは「温泉卓球」です。(「頑丈人間スパルタカス」というマイナーな漫画のローカルスポーツです)

温泉卓球はルール無し、何バウンドしても床に球が落ちても相手に返せればオーケーという代物で、負けた相手は温泉に浸かってビール1缶と温泉卵を食べなければなりません。(スパルタカスより)

1点とられるごとに1缶飲んで温泉に浸かる。
2点までは楽しいゲームですが、1セット取られるころには本当に死ねるくらいになるので危険です。
くれぐれもチャレンジしないでくださいね。

■研究所長のコメント

おっしゃるとおり、過去のデータを見る限りでは、卓球は低いながらもそこそこの死亡者が出てしまっているようですね。
単純な死亡率でいうと、バレーボールやテニスなどとそんなに変わらない感じです。

KEN☆KUNさんは卓球台の下敷きとかラケットによる頭部強打とか、どうしても卓球特有の事故にしたいみたいですが(笑)
恐らくこれはランニング中の心臓麻痺とか、おっしゃるように夏の練習での熱中症とか、運動する以上どうしても発生してしまうリスクによるものなんじゃないでしょうか。

ところで、「頑丈人間スパルタカス」、私は読んだことが無いですが、温泉卓球とはなかなかデンジャラスですね。

作者の方が栄養学に詳しいかどうかはわかりませんが、タンパク質摂取+アルコール+入浴という、どれも消化器官に負担をかける死の三重奏です((((;゚Д゚))))

そしてこの「頑丈人間スパルタカス」、他にもヌード・フェンシングや便所ホッケーなどのおかしなスポーツに挑戦しているようですが、amazonでの評価がけっこう高い(笑)

ちょっと読んでみたい気もしますが、買ってしまうと置き場所に困りそうです。
漫画喫茶などにも置いてあるんでしょうか・・・

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP