レポート:禁煙すると太る本当の理由

インターネット上には、人体や健康に関する面白い情報が色々と存在しています。

「研究所レポート」ではその中から、当研究所の外部研究員であるKEN☆KUNさんに報告していただいた興味深い情報についてご紹介したいと思います。

■レポート:禁煙すると太る本当の理由

所長様

ニュースサイトで禁煙太りについて興味深い記事がありました
「タバコの中に食欲を減らす化学薬物が入れられていたことが裁判で明らかに」

記事によりますとアメリカのタバコ会社はちょっと前までタバコに食欲を減退させる化学物質を添加していたそうなんです。
ゆえに禁煙すると食欲が回復して太りやすくなる仕組みです。

タバコの代わりにお菓子を食べる説を超えるメカニズムです。

で、その食欲減退物質は亜酸化窒素。

なんかトレーニング情報誌で見た気がするぞ?と思ったら筋肉に効くのは一酸化窒素でした。

さて、この件ではメーカーが添加物として亜酸化窒素を入れていたのですが、普通にタバコを吸う場合、空気中の窒素とタバコの熱やら他の化学物質やらと反応して亜酸化窒素が自然発生することはないんだろうか?と考えてみました。

もし自然発生するものだったら禁煙太りのメカニズムが替わります。
そして亜酸化窒素のサプリメントの開発が急がれます。

ジムに長年通ってるトレーニーにも喫煙者はいますが、タバコをやめると酸素摂取量も増えるし持久力も上がるし良いことずくめなのに。

そして、ジムで頑張る人で喫煙者の人はタバコを吸うのも頑張るヘビースモーカーが多い気がします。すれ違うだけで残り香が煙いので本当に禁煙して欲しいです。

■研究所長のコメント

こ、これはスゴイニュースですね!(゜ロ゜)

禁煙をすると食欲が増してしまう→太ってしまうからまたタバコを吸う
という呪縛を意図的に作り上げているということでしょうか。

ところで亜酸化窒素って、確か麻酔にも使われる笑気ガスの成分ですよね。

笑気ガスは確かビタミンの分解も促進する物質だったと思うので、食欲減退と同時にビタミンも失ってしまうかも知れません。

どちらにしても、正々堂々と食欲を抑えるサプリメントとして売るならともかく、こっそり混ぜて吸わせるとは言語道断です。

それでも、タバコを吸う人の残り香は非喫煙者にとって本当につらいので、できれば私も近寄りたくないと思いますが(苦笑)

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP