レポート:超短期間で割れた腹部に?

インターネット上には、人体や健康に関する興味深い情報が色々と存在しています。

「研究所レポート」ではその中から、当研究所の外部研究員であるKEN☆KUNさんに報告していただいた興味深い情報についてご紹介したいと思います。

■レポート:超短期間で割れた腹部に?

所長様

海外の腹筋関連の製品でとても不思議なものを見つけました。
「AB?Hancer」って名前のようです

http://www.neatorama.com/2011/03/17/the-ab-hancer/

製品紹介の一文
「I suspect that this is not a real product, but I wouldn’t be surprised if it is. It’s probably as effective as a six pack abs tattoo.」

これを自動翻訳にかけてみると……
「私はこれが本物の製品でないと思います、しかし、それがそうであるならば、私は驚かないでしょう。それは、6つのパック腹筋タトゥーと同じくらい、多分効果的でしょう。」

…………笑

お腹に腹筋の痕が残ればいいって程度の商品なんですね。

よく見れば紹介されているのもタトゥー用品のお店でトレーニングする気は全くないようです。

もう1つ腹筋関連

「たくましい腹筋をつけた風になる美容整形手術」
http://www.gizmodo.jp/2007/11/post_2583.html

これは彫刻刀を使って版画を彫るように皮下脂肪を吸引除去するようです。
ちゃんと「abdominal etching」って名前もついている術式のようで写真もでてきました
http://en.wikipedia.org/wiki/Abdominal_etching

画ずらは完全に小学生の版画ですね(笑)

お腹まわりはもともと脂肪を溜め込みやすい場所でトレーニング結果の目安にもなっているだけにお手軽な面白グッズが開発されていくんでしょうね。

次の面白グッズが楽しみです。

■研究所長のコメント

お腹に器具を押し付けて、シックスパックの形を作るとは・・・。
腹筋の凹凸を刺青で表現する方法にしてもそうですが、まさに、「その発想はなかったわ」の世界ですね。(苦笑)

脂肪を削って腹筋風にアレンジするというのも、裏技としては本当に素晴らしいと思いますが、やはり1つの大きな疑問が残ります。

・・・そこまでするんだったら、普通に腹筋を鍛えたり、ダイエットをした方がいいんじゃない?と。

その昔、研究所長のクラスメイトがものすごい時間をかけて、先生に見つかりにくい極小サイズのカンニングペーパーを作っていたことを思い出してしまいました(笑)

実際のところ、腹筋を鍛えてダイエットをすれば、シックスパックを手に入れるのってそんなに難しくないんですけどね。

まあ、ある程度腹筋を鍛えた上で、それを目立たせるために「AB?Hancer」を使うっていうのもアリかもしれませんが^^;

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP