レポート:チョコレートで運動いらず?

インターネット上には、人体や健康に関する興味深い情報が色々と存在しています。

「研究所レポート」ではその中から、当研究所の外部研究員であるKEN☆KUNさんに報告していただいた興味深い情報についてご紹介したいと思います。

■レポート:チョコレートで運動いらず?

所長様

「チョコレートを食べることに運動と同じ効果がある」という興味深いニュースがありました。
http://japanese.china.org.cn/life/txt/2011-09/28/content_23512775.htm

ニュースによるとチョコレートに含まれる成分「エピカテチン」を投与するとランニングマシンでトレーニングをするよりも筋力が強化されるそうなんです。

チョコレートに含まれるエピカテチンはココアに含まれるエピカチンが変化した物質なのでしょうか?

もう少し詳しい情報が欲しいところです。

実験では筋肉の強さとスタミナの向上が見られたとありますが、筋肉の太さそのものは変化しないような言い回しです。
だとするとチョコレートは筋肉の潜在能力を引き出すと解釈すべきでしょうか。

このニュースを読んで運動不足をチョコレートで取り戻そうなどと考える人がでてきそうです。
が、筋肉の強さそのものの限界はやはり断面積が効いてくるから、ちゃんとトレーニングをして筋肉を大きくした上でブラックチョコレートを食べるのが正解。
そして、プロテインはチョコレート味が正解なのかな?

■研究所長のコメント

実験段階では仕方がない事ですが、他の「最新ニュース」と同様、人間ではまだ効果が確認されていない情報なんですね。

このニュースの良いところだけを都合のいいように解釈すると、
「そっか、運動しなくてもチョコレートだけ食べてればいいんだ!」
となりそうですが、それが完全に間違いなのは明らかでしょう。

仮にチョコレートに運動と同じくらいの健康増進効果があるとしても「運動の代わりになる」なんて誰も言ってないですからね(笑)

実際にチョコレートをよく食べる人を見ても、食べない人よりも痩せているとか、筋肉が強いということはまず無いわけですし・・・

そもそも、KEN☆KUNさんが言うとおり、チョコレートやエピカテチンは持っている能力をスムーズに引き出すためのものであり、筋肉は運動で強くする必要があるというオチではないでしょうか?

そうすると、運動の効果がどんどん積み上がっていく(長期間続ければ、どんどん能力がアップする)のに対して、エピカテチンにそんな効果はないことになります。

まあ、このニュースの中で博士が言っているように、運動しながらチョコレートを食べるのが一番!というところに落ち着くんではないかと思います。

個人的には、この情報が変な風にマスコミに取り上げられて、チョコレートが買いにくくなってしなわないか?という事だけが心配です。(苦笑)

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP