外科手術的肉体改造

一般的に「肉体改造」と言えば、筋トレやダイエットなどによって大きく体つきを変えると思います。

しかし世の中には、もっと外科的・人工的な手段によって自分の体を作り変える選択をする人たちもいます。
いわゆる整形という分野です。

その中でも特に見た目を良くするための美容整形というジャンルは、ちょっと特殊な存在かも知れません。

目を大きくしたり鼻を高くしたり。
中には背を高くするために骨を伸ばしたり、胸を大きくしたり。
体を逞しく見せたりするためにシリコンなどを体に入れたり・・・と色々な技術があるようです。

これに関しては「○○さんは整形してるんじゃない?」「親にもらった体を傷つけるなんて・・・」と、あまり良いイメージを持っていない人が多いのも事実です。

社会的に悪いことをするわけではないのに、どこか非道徳・・・というと言い過ぎですが、一種の反則技のように言われることもしばしばです。

筋トレやダイエットで体を変化させた人は賞賛されるのに対し、美容整形にはどこかネガティブイメージがつきまとっている感じがあります。

なぜ、そう感じる人が多いのでしょう?
見た目にこだわってそこまでするのは異常だからでしょうか?
命や体の機能に問題がないのに、体にメスを入れるのは間違いだからでしょうか?
自分で努力してやるわけではないからでしょうか?

個人的には、本人がリスクを覚悟して決断するのであれば、美容整形をすることに何ら問題はないと思っています。

人間は誰だって自分のことを嫌いだったら幸せになれないでしょうし、美容整形の技術でコンプレックスを克服できるならそれは活用すべきです。

整形して美しくなった人が、生まれつき美しい人より劣るとも思いません。

「お金をかけて、失敗のリスクを覚悟した上で美容整形手術を受ける」
それだって努力の一つの形だし、なんら非難されるべきものではないでしょう。

それどころか、「自分の力で美しくなった」という意味では、生まれつき美しい人より賞賛されるべきなんじゃないかとすら思うくらいです。

ただし、研究所長自信が整形するかと言われたら、それはやめておきたいと思います。
もちろん失敗が怖いというのもありますが、一番の理由は治すべきところが多すぎるからです(笑)

とても現代の医学では不可能だと思うので、潔く諦めて来世に期待したいと思います(苦笑)

【告知】
ただいま、当研究所ではメルマガの読者さんを募集しています。
色々な特典を考えていますので、ぜひご参加ください^^
読者登録はこちらから

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
PAGE TOP