第10回目:他人をバカにする

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報を発信させていただいております。

第5クールのテーマは
「肉体改造タブー集」
ということで、肉体改造をするにあたって、やってはいけない事、気を付けなくてはならない事について解説していきます。

■第10回目:他人をバカにする
です。

頑張って筋力トレーニングをしていると、だんだん筋力が上がり、体もたくましくなってきます。

最初は「体が引き締まる」くらいだった筋トレ効果も、鍛錬を積み重ねることによってだんだん筋肉質になり、数年もすると、他人が見ても「イイ体!」になるでしょう。

筋力も平均値をはるかに超えて、普通の人の1.5倍、いや2倍くらいになることも珍しくありません。

これは努力の結果なので、誇りを感じていいと思います。

自分への評価を高めて「私はできる!」と自信を持って生きられるようになることも、筋トレの素晴らしい効能の1つでしょう。

しかし、残念なことに腕力に優れた人の中には、筋力の弱い他人や初心者をバカにする人もいます。

「俺より腕が細いくせに。」
「大したトレーニングをしてないくせに。」
とさげすんだ目で他人を見るのです。

まあ、心のなかで「俺のほうが上だぜ。フフン」
と思うくらいならまだいいのですが・・・

中には他人に対して尊大で無礼な態度を取る困った上級者トレーニーもいたりします。

正直を言うと昔の研究所長にも、ちょっとそういう所がありました。

もっとも、上級者と言うほどのレベルでは無く、小心者なので人に怒鳴ったり威張ったりしていたわけではありませんが(苦笑)

人と話しながらダラダラトレーニングしている人に器具を占領されたりすると、
「一生懸命やってもいないのに、人のじゃまをしないでくれ!」
と、神経質にイライラしていたのです。

多分、そういう気持ちは表情にも少なからず出ていたんじゃないかと思います。

筋トレに限らず、何かの分野で経験を積んでいる人、成果を上げている人が尊敬されるのは自然なことかも知れません。

ただ、それは尊敬する側が自然に敬意を抱くもの。

自分から「俺を尊敬しろ」と思ったりそうな態度を取るのは何とも情けない話です。
ある分野での上下関係を人間関係の優劣と考える人は、とても心が狭い感じがします。

会社でも上司に対してはヘコヘコしているのに、部下にはやたら威張る人がいますが、こういう人はまず尊敬されません(笑)

相手の能力や立場によって接する態度を変えるのは、目先の損得勘定だけしか頭にない、卑しい人間の振る舞いだと思います。

確かにジムに行っても失礼な人はいるし、細かい事に腹の立つこともあるでしょう。

しかし、せっかく体を鍛えるのなら、
「力はスゴイけどなんとなうっとうしい人」
ではなく、
「上級者だけど気さくで感じの良い人」
と思われるトレーニーになりたいものです。

■参考情報のご紹介

今回は、人間関係とストレスに関する2つのレポートをご紹介します。

『あらゆる人間関係の悩みを解決する方法』
あらゆる問題が解決するかどうかはともかく(笑)対人関係改善の基本が詰まったレポートです。

『即効ストレス解消法』
こちらも、対人関係のストレス処理には有効です。
大事なのは、「相手が自分にとってどんな存在か」
を見極めることだと思います。

メールアドレスを登録すれば無料でダウンロードできます。

※無料のレポートをダウンロードするときは、hotmailやgmailなどで受信専用のアドレスを作って、そちらを登録することをオススメします。
(いくつもダウンロードしていると、お知らせメールがたくさん届くことがあるため。)

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP