第1回目:ゼロ値を確認せよ

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報
発信させていただいております。

第3クールのテーマは
「肉体改造サイエンス」
ということで、肉体改造(筋トレやダイエット、栄養摂取など)を考える上で、
「それって、科学的とは言えないんじゃないの?」
という事について書いていきたいと思います。

今回の内容は・・・
「ゼロ値を確認せよ」
です。

ゼロ値というのは、科学において重要な意味を持ちます。

たとえば力の強さや物の重さなどを計る時でも、 計測に使う器械の「0」がズレていたら・・・
当然、デタラメなデータしか集まらないですよね。

肉体改造をする上でも、その重要性は同じ。
体重を計るなら、乗る前の体重計の値は「0」じゃないとダメ。
握力や背筋力のような力を測る時も、「0kg」は「0kg」である必要があります。

場合によっては、0は本当の意味の0ではなく、入れ物の重さや、不可抗力によってかかる力を計算して、計算上の「0」を使っている場合もあるでしょう。

例えば、洋服を着て体重を計る場合は、洋服の重さを差し引くことで、計算上の「0」を使う事もあります。

ただ、どっちにしても基準になる「0」は正確でないと、何のための数値かが分からなくなってしまいます。

それなのに・・・

テレビなどで行っている実験・パフォーマンスを見ていると、この大事な「0」を軽視しているというか、
「もしかして、わざとゴマカシてるんじゃない?」
という場面を見ることが、非常に多い。

例えば、
「特別な方法によって柔軟性がアップします。」
みたいな実験。

最初に体を前屈させて、
「うーんちょっと体が硬いですね。」

では、ここで「特別な方法」を使ってみましょう。
そして、さっきと同じように、もう一度前屈をしてみると・・・
「ホラこのとおり!さっきより○cmも下に手が届いてます!」
みたいな。

そりゃあ、柔軟体操なんて、一回目よりは二回目の方が、体が曲がるのは当たり前だろ!っていう話ですよ。(笑)

もしかして、
「ホラこの通り!」の「ホラ」は、ホラ吹きのホラ(ウソ)っていう意味なんでしょうか?

もちろん、紹介している「特別な方法」に全く効果が無いと言っているわけでは無いんです。

でも、本当なら・・・
「特別な方法」を使わないで、同じように2回目の前屈をした人も用意して、両者を比較してみないと、その効果は分からないわけです。

研究室なんかでデータを測定する時は、このあたりをゴマかして実験することはまずありません。

必ず、「対照群」や「ブランク」という比較対象を用意して、実験のやり方によって発生する誤差を、徹底的に差し引いて「0」を確認します。

例えば、薬を誰かに飲ませる場合なら、同じ大きさ・見た目の錠剤を別に用意して、その「ニセモノ」を飲んだ人と、本物を飲んだ人の効果の差を確認したりするのが常識なのです。

だから、あなたも「0」をきちんと確認していない
実験やパフォーマンスには十分気をつけてください。

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP