第10回目:筋トレの効果が出ません・・・

こんにちは!

ご覧いただきありがとうございます^^

91.25日で体を変える肉体改造研究所メルマガ。

タイトル通り、約三ヶ月を1クールとして、筋トレやダイエット、栄養学に関する情報を発信させていただいております。

第7クールのテーマは、
「肉体改造Q&A」
ということで、「コレってどうなの?」と思われがちな肉体改造に関する疑問について可能な限り「そのものズバリ」の回答を出すことに挑戦してみたいと思います。

そして、今回の内容は・・・
■第10回目:筋トレの効果が出ません・・・
です。

筋力トレーニングを始めると、特に最初のうちは一気に回数が増えたり、扱える重さが増したりすると思います。

しかし、しばらく続けていると、一生懸命やっているのに成長が止まってしまう場合があります。

もちろん、初心者の頃の成長には「眠っている力が目覚める」という意味があるので、それが終われば成長のペースは落ちて当たり前です。

それでも、長い間全く成長が感じられないとしたら、筋トレに対してのやる気も萎えてしまうでしょう。

筋肉の強さや太さを求めているのではなく、どこか特定の部位を引き締めたいという場合にも、その場所が鍛えられているという実感がなければ、やり甲斐が感じられないと思います。

それでも、自宅トレーニーの場合は、トレーナーやコーチに相談するということが困難です。

というわけで今回は、
「筋トレの効果が出ません・・・」
というご質問についての回答まとめてみましょう。

効果が停滞したとき、まず最初にすべきなのは、次の3つを見直すことです。
・休養期間
・セット数や重量
・フォーム

休養期間については、まず長くしてみるのが基本。
その理由は、オーバートレーニングという最悪の事態を避けるためです。

それでダメなら今度は休養を短くしてみると、成長を感じられるかも知れません。

セット数や重量、フォームについては、マニュアル本やネット上の情報などを参考に調整をしていくことになるでしょう。

ただ・・・・
これくらいの事で解決するなら、それほど悩む問題ではありません。

色々試してみても上手くいかないからこそ、
「筋トレの効果が出ません・・・」
と誰かに聞きたくなるのだと思います。

そういう時は、やはり誰かに直接聞いてみましょう。
上級者やトレーナーに直接指導を頼むのが一番です。

「だから、自宅トレーニーだって言ってるだろ!」
と怒られそうですが、まあ聞いてください。

何も、「定期的にジムに通いましょう!」とか、「お金を出してトレーナーを雇いましょう!」と言いたいわけではありません。

一時的にでもいいので、「一人で悩む」という状態から脱出する機会を持って欲しいということなのです。

多くのジムでは、無料あるいは格安の料金で、体験入会を受け付けています。

なので場所やお金、あるいは時間などの問題でジムに通えない人でも、トレーナーやコーチにアドバイスを求めることは可能です。

そういう機会をうまく利用して、どうか直接指導してもらうチャンスを作ってみてください。

一般的なフィットネスジムだけでなく、市民体育館のような公共施設でも構いません。

公共のジムには、いわゆる常連さん的な上級者トレーニーがいることが多いので、
親切そうな人を見きわめてからアドバイスを求めるといいでしょう。

自宅トレーニングだけでも、筋トレでバリバリの体を作ることは可能です。

しかし、全く誰の指導もアドバイスもなしに、完全な独学だけで筋トレ上級者になるのは不可能に近いと思います。
ジムに出向くのは大変だと思いますが、それは確実に将来への「投資」になります。

効果的な筋トレの方法をしっかりマスターすれば、自宅でも本格的なジムと同等の効果を得ることができるでしょう^^

■参考情報のご紹介

以前にある有名なボディービルダーが、
「なぜ日本人は欧米人より筋肉が発達しにくいのか?」
という事について解説していました。

もちろん遺伝的な違いなどもあるのですが、実は立った時の重心の位置が、筋トレ効果に大きな違いを与えるのだそうです。

今回は、そんな立ち方に関するレポートをご紹介しておきたいと思います。

『スポーツが突然上達する「立ち方」』

メールアドレスを登録すれば無料でダウンロードできます。

※無料のレポートをダウンロードするときは、hotmailやgmailなどで受信専用のアドレスを作って、そちらを登録することをオススメします。
(いくつもダウンロードしていると、お知らせメールがたくさん届くことがあるため。)

——– 
メールマガジン名:91.25日で体を変える!肉体改造研究所通信

登録URL:http://li.know-dt.com/mmagm
解除URL:http://li.know-dt.com/mmagmcancel

バックナンバーの購読:http://www.know-dt.com/mailmag/010_mmlog.html
購読用ID:メルマガ本体に記載
パスワード:メルマガ本体に記載

WebサイトURL
http://www.know-dt.com/

連絡先メールアドレス
kaizo@know-dt.com

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP